天明のご紹介(プロフィール)

NO IMAGE

けやきの会 主宰
心健導場 天明 プロフィール

宮崎県出身 自分を模索、心とからだについて、修行をはじめる。
その間、深層心理学・哲学・東洋医学を研究し、1992年その集大成である<3と97>の法則を著書『いのち』に著した。
現在企業・団体・カルチャースクール等でトータルヘルスマネージメントの講演活動を行う。
当導場では どこへ行っても解消されなかった心身の悩みを持つ方や、自己能力を開発したい方に 「心」と「からだ」のカウンセリングを行っている。 東京・西荻窪にて心健導場を主宰。

経歴

1967年 年末に一年の反省と翌年の目標のため瞑想に入る現在も継続中。
1979年 毎月法話の会を開催し継続中
1985年 心健導場を開く。電気・鍼治療の研究。
1986年 啓示を受けて「天明」と成る。
1988年 啓示を受けて剃髪する。
1992年 心健導場創立7周年及び『いのち』の出版記念の会を「はあといん乃木坂」にて開催。
1997年 会報「けやき」発行(年4回)を開始する定期講演会継続中。
2001年 「還暦」及び「道草しながら生きようよ」の出版記念会を「明治記念館」にて開催。
中日新聞恵峰ホームニュースより「いのち」のテーマで取材掲載。
2002年 大手町サンケイプラザにて開催の第一回日本臨床代替医学会にて特別講演
「活きる」。NPO法人IHMA健康講座、昭和大学医学部にて「人間学」講義
2005年 心健導場20周年記念講演「ふしぎ大発見」新潟大学院医学部教授
安保徹先生とジョイント特別講演
平成世直し劇第4弾「幕末早慶戦!大隈重信と福沢諭吉」 日比谷公会堂に出演
2006年 台湾にて「いのちの話」呼吸法開催
ドイツにて「いのちの話」呼吸法、気功開催
2007年 台湾にて呼吸法、気功開催
2013年 天明けやきの会400回記念祝賀会を銀座クルーズクルーズにて開催
2015年 おせっかいばぁばとしての活動を開始

講演テーマ

「いのちとは ~ 3と97の法則」
「天明式呼吸法」
「死の美学」
「老後を美しく ~ スーッとぽっくり死ねる方法」
「いじめに打ち勝つコツ」
「10才~25才若返る」
「1日本断食で頭も体もすっきり」

講演活動

オリジン会 マスターズクラブ 渾沌の会 天明講演の会(毎月第1土曜日開催 通算381回以上 )
天明講演の会 中津川、南木曽にて年6回(通算81回) キャリアコンサルティング(株) ニッテイライフ(株) プラタナス17年クラブ その他 高校学園祭、企業社員教育、経営者セミナーにて講演。三鷹市にて親和塾。 都伯水会にて東京都教師OB会

各種資格

健康運動実践指導者 音楽療法士 姿勢保健均整師 台湾長生学上級資格取得 氣功師 2006(10/21)天明流許可 操法師 ワットポーマッサージ(タイ)資格取得 ルーシーダットン(タイ)資格取得 親英体道 初段 池坊中伝 扇照 国際アカデミー賞受賞

著書

「いのち」
「道草しながら生きようよ」
「還暦の風景ー60才共著」

活動状況

有限責任中間法人 フェニックス60の会 理事 NPO法人 ゆうわ会 全国青少年健全育成協会 株式会社 ニッテイライフ 講師 経営者倶楽部 coco-de-sica 講師 K サロン 講師 NPO法人 アイ・エイチ・エム・エー・ジャパン 講師 田村塾講師 所沢雑学大学 講師

ボランティア活動

養護老人ホーム恵光園 南木曽町特別養護老人ホーム木曽あすなろ荘・恵那万年青苑・恵那明日苑・ 田立あすなろ荘・田立デイサービスセンタ田立・中津川デイサービスセンターシクラメン等

心健導場

心健導場では、天明が修行の中で会得してきた、「こころ」と「からだ」を整える手法<天明操法>を多くの方にお伝えしています。 この導場を訪れた方は、自らの治癒力に目覚め、「こころ」と「からだ」を改善する力を自らコントロールできるようになります。 また、「こころ」の悩みをかかえている方は、人生を改善していく勇気が沸いてきます。 ※心健導場は、政治団体や宗教団体とは関係ありません。 国内、海外出張、操法講演および講話 遠隔操法( 心健導場へお越しになられない方、遠隔地にいる方への操法 ) 動物への操法( 犬、猫、小鳥など動物への操法 ) 心健導場支部 中津川市(岐阜県)、南木曽町(長野県)、上尾市(埼玉県)、 宮崎県宮崎市
連絡先 心健導場 〒167-0052 東京都杉並区南荻窪2-7-12

 

おせっかいばぁば 天明のライブラリ

3と97の法則

初めての方にはなんだかわからない図ですが、ぜひ一回講演会へお越しください。
講演会では通年3と97をテーマに話をしています。おなじみの方には復習用にどうぞ

天明の十徳

平成10年に書き上げた、天明の十徳です。私は、毎年12月25日から5日間、食と睡眠を絶って瞑想します。
その瞑想の中で、過ごした1年間の反省と新しい1年をどういきていくかを考えている と天啓(天の啓示=天のみちびき)があります。
その言葉を平成元年から10年に渡り、 年賀状でお知らせしてまいりました。
この10年間の10の啓示を「天明の十徳」といたします。 毎日の生活の中で、この「十徳」がいくつか組み合させて生きているのです。
「十徳の根本」となっているのは「マイナス」のことは絶対に「言わない」「しない」 ことです。
それは自分が自分に対して「不幸になりたい」「苦しみたい」とは想わない からです。
「幸せになる」ことしか考えないから、周りの人も「幸せになる」のです。 とても素晴らしいことです。
この「十徳」を心にしっかりといれて、毎日いろいろなことがあっても笑って過ごしましょう。

天明の十徳、全文はこちらからご参照頂けます

天明式本断食

天明式断食は、他には無い一日断食からはじめることができますので、気軽に取り組めます。
また、入院や、施設に入るなどの特別な環境ではなく、普段通りの日常生活を送りながら行えます。

天明の子守歌

コンサートなどで披露することがある子守歌です。
こちらからお聞きになれます。