物件情報: 呼吸法

健康指導

心の健康と身体の健康。 心と身体の両面からサポートします。 私たちは生まれながらにして治癒能力を持っています。 それを引き出して、使いこなす指導をしています。 その手段として、・天明の天明氣功・一日本断食・呼吸法と行ったものがあります。 この3つは切っても切れない関係がありますので、どれかを実践し始めた時すべてがすんなりと入ってくると思います。 ヒポクラテスの格言 以前、教えて頂いた言葉ですが言いたかったことがすべて凝縮されているので紹介します。 ・「満腹が原因の病気は空腹によって治る」 ・「汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ」 ・「食べ物で治せない病気は、医者でも治せない」 ・「人間は誰でも体の中に百人の名医を持ってる」 ・「人間がありのままの自然体で自然の中で 生活をすれば120歳まで生きられる」 ・「病人に食べさせると、病気を養う事になる。 一方、食事を与えなければ、病気は早く治る」 ・「病気は、人間が自らの力をもって自然に治すも のであり、医者はこれを手助けするものである。 現代医学の礎を築いた、ヒポクラテスの言葉が今もなお色あせない言葉であると思います。 ちょっとした健康の悩みから、ガン・不治の病と言われる病気まで「自分のいのちは自分でまもる」を合言葉に指導していきたいと思います。。...
詳しく見る

天明の「呼吸法」

呼吸のパワー 誰もが常に行っている「呼吸」ですが、少しのレクチャーで日常生活に色々な効果があらわれます。 <精神面に及ぼす影響> かっとなったときに「一息つく」 ここぞという時の前に大きく「深呼吸」する 何かがあって「深いため息をつく」 呼吸の力が精神面にも影響しているのは、誰もが認めるものではないでしょうか? 全ては関係が有りつながっていますから、精神面の影響も身体面の影響も同じ事ですが、今回わ分かりやすく切り分けて解説します。 ストレスにより副交感神経があまり働かないと、脳はストレス状態になり末梢血管も狭まり。体温が下がり、自律神経のバランスが崩れていきます。リラックスした、副交感神経が優位な状態になるためには、ゆっくり息を吐いてください。 具体的には 「吸って ・1・2・3・ はいて(長く)」 というような感じです。この 「間」ま が大事です。この 「間」ま を大事にし呼吸法を実践する事により、副交感神経が活発になり、筋肉全体が弛緩し、体調の良さも相まってリラックスした状態を保つことができます。   <身体面に及ぼす影響> 先にも、書きましたがほとんど精神面の改善と同じ事です。呼吸法により副交感神経を優位にする事により日常生活のほとんどの問題を解決することができます。 疲労回復や体のリカバーが全て早くなる・美容・血行が良くなる・体が暖かくなる・よく眠れるようになる。など色々な効果を得ることができます。日常生活の質がグンと上がります。 健康・美容が最終的に行きつく先 とくに女性は、美容や健康の為にほとんどの方が副交感神経を優位にするための努力をされたことがあるのではないでしょうか?半身浴・眺めの入浴・睡眠の時間を規則的に、休日に光を浴びながら深呼吸・リンパのマッサージ・エステなど・・・。 向かっている方向は同じ方向です、ただもっと簡単に日常で実践でき、もっと根本を見直す事ができます。 それが呼吸法なのです。...
詳しく見る