呼吸法、座り方の基本 心健導場 天明

Live配信でお話ししている呼吸法と座り方の基本です。
皆さん、毎日実践して、心身を健康に保ちましょう!

<座り方の基本>

  1. 足の親指を重ねないようにして、正座して下さい。
    ひざ頭の感覚は、自分の握りコブシが2つか2つ半入るくらいに空けます。
    そして両方の足の裏の土踏まずにお尻をぴったりとおさめ、骨盤が無理なく落ち着くようにします。
  2. つぎに、背中の姿勢を正しくします。
    まず、片手で背中の腰の部分をポンとたたいてください。
    背骨が伸びると同時に、頭は自然に後ろに向かって軽くのけぞります。
    そして、静かに頭をもどします。そのとき、カクッと落ち着く位置があります。
    そこでけっこうです。写真のような姿勢になっているはずです。
  3. 続いて、手の平を上に向けて足の太ももの上に置いてください。
    そして、肩の力をストーンと抜いてください。力が抜けましたか。
    これで、OKです。体全体に無理がないことを確認してください。

 

<呼吸法>

  1. 【吸う】

    鼻から息を吸ってください。お腹は少しずつふくらんでいきます。

  2. 基本は腹式呼吸ですが、はっきりとつぎのようにイメージしてください。鼻から吸った息は鼻筋から上に向かって進み、額から頭のてっぺんに向かいます。
  3. 【吸う】【凝縮】

    さらに頭のてっぺんから、後頭を下って背中の中心、脊髄を下って、尾底骨にまで下がっていきます。そうしたら、息を、臍下丹田の所に全部持っていきそれを一呼吸で一気に丸め込んでください。ちょうど、野球のボール一個ほどに、ウッとためる感じです。
    【時間的には 3カウント で吸い、凝縮します】

  4. 【保つ】
    ウッとお腹全体の筋肉を引き締め他状態を保ちます。
    【時間的には 3カウント 保ちます】
  5. 【吐く】
    丸めた息を静かに細く長く口からはきます。呼吸の流れがちょうど図のようになることをしっかりとイメージしながら。
    【時間的には 7カウント で吐きます】
  6. 吐きおえたら少し間をおきます。
    【時間的には 3カウント 間をおきます】
  7. 以下、これの繰り返しです。
    (ポイント:例えるなら、吸ってお腹がふくらんだとき、バレーボールの大きさに溜まっている息を、ウッとお腹全体の筋肉を引き締めて、野球ボールの大きさに凝縮し、それを保ってから、はき出すイメージです)

最新情報をチェックしよう!