カテゴリごとに表示: 定例会レポート

3月8日(木)けやきの会 天明 講演・氣功体験会のお知らせ

けやきの会 天明 講演・氣功体験会のお知らせ

●日時:3月8日18:00~20:00 ● 場所:八重洲倶楽部(東京都中央区八重洲2-1 地下1階) 東京駅八重洲中央口より徒歩数分

● 八重洲倶楽部 HP

http://www.yaechika.com/access.php http://www.yaechika.com/club/access_tokyo_yaesu_club_print.pdf

●グーグルマップ

https://goo.gl/maps/BRZDhPG9qAQ2

時代は予防医学へ

「病気になってからどうしようではなく、病気にならないためにどうするか」を体得する場です。 毎月1度の「けやきの会」は、「医者いらずの健康法研究会」として、 縄文人の宇宙と自然の摂理(すじみち)に沿った生き方を学び「呼吸法」「天明氣功」「瞑想」「らくらくできる1日本断食」を実践して国に迷惑をかけない生き方をしましょうの会です。

自分が頂いた生命は自分で守る

天明が天からメッセージを受け取りこれまで30年以上伝えてきたことです。この言葉は皆様がいつも普通にやっていることです。 しかしわかっている方はそう多くはありません。病気になった時どうされますか? すぐに「医者に行く」「薬を飲む」が当たり前になっていませんか? 自分が頂いた生命は自分で守ると素直に受け入れた時、不思議なことが起きます。 身体が勝手に変わっていきます。それは眠っていた「自然治癒力」が目覚めるからです。 ヒトや動物、植物も生まれながらにしてこの力(パワー)を持っています。 この力(パワー)を働かせるかどうかは、あなた自身の意識のもちようです。

●年間スケジュール

年間のスケジュールはこちらをご覧ください。 https://goo.gl/V6J9Y8...
詳しく見る

第449回 10/12 天明けやきの会 参加者レポート

第449回 天明けやきの会 参加者レポート 参加者レポートです。 ●さんみいったいとは、通常、三位一体と書きますが、 天明先生は、「三身一体」と書きます。 三身の方がわかりやすいからです。 その三身とは、「自信」、「信頼」、「感謝」です。 それが調和をなすと本来の自分となれるそうです。 水をかぶったり、火を渡ったり、断食したりなどの 悟りの厳しい修行で得られるのは、 厳しい修行をしたという経験、や地位、名誉です。 本来の修行・悟りとは、自分の生活から出てくる物です。 ●赤ちゃんの不思議 赤ちゃんはお母さんのお腹の中で、 精子と卵子が受精して分裂を繰り返し、身体を形成していきます。 そのとき、原生生物から、ほ乳類までの地球上の進化の過程を一気にたどって生まれてきます。 これはものすごい変化を経験して生まれてくるのです。 臍の緒を20分程度待ってから切ると赤ちゃんは泣かないそうです。 それをまたずに切ってしまうので、 赤ちゃんは驚いて泣きます。 ●活きるとは 枝葉にリンゴがついていること 魚が海を泳いでいること 生きるとは リンゴが収穫されても死んでいません 魚の切り身も死んでいません 天明先生 「活きると生きるのちがいは、 木になっている状態を活きる。 枝から切られたら、死です。 ここで、腐ってないから生きているとおもうのは、細胞レベルでみたからです。 一個のリンゴの一個の細胞が生命体だからいきているのです。 時間がたつと、リンゴはしぼんできて、腐っていく。 根からの栄養かこないからです。 飛躍しますが、拒食症がこれです。 反対に、肥満症は食べる量が、 使う量より多いと余ったものは皮下脂肪として、たくわえるのです」 人間は 生まれる前と、死んだ後に「活きて」います。 生まれてからは死ぬまでが「生きる」のです。 ●他にも、 ・ガンなどの薬の副作用をキャンセルする話 ・人間の身体は相対関係になっている。 右手と左手、肺と大腸など・・。他方をケアするとよい ・相手に放った想念が自分にも返ってくる などのお話がありました。 皆で氣功の体操を行い 氣力いっぱいにリフレッシュして、盛会に終了となりました。 ...
詳しく見る

天明 けやきの会 第450回記念講演会ご報告

2017/09/09 けやきの会 第450回記念講演会が行われ、 盛会に終わりましたことをご報告申し上げます。 お忙しいところお越し頂きまして、ありがとうございました。  

●心健導場 けやきの会 第450回記念講演会趣旨

このたび、けやきの会が自宅で月一回の法話会からスタートし おかげさまで450回を迎えることができました。 今日までの温かいご支援に深く感謝申し上げます。 近年長寿化社会に置いて、今後ますます健康に対する 自己管理能力が求められていくと天明は考えます。 昨今、人間に本来備わっている自己治癒能力、 すなわち、「免疫力」への関心が高まっており 「自分の身体は自分で治す」ということが不思議ではない世の中になってきました。 今回の「天明けやきの会450回記念講演会」を開催に当たり、 旧梨本宮家当主 梨本隆夫様とサンマリノ共和国特命全権大使 マンリオ カデロ様を お迎えしてご講話いただきました。 世界中で注目されている縄文人の生き方を学んで、 生命力、治癒力、免疫力を高め、元気と希望を感じて、 より健やかな日々をお送り頂きますよう願っております。 ありがとうございました。 平成29年9月吉日 心健導場主宰 天明

●講演会パンフレットです

●式次第です^^

●ゲスト講演

サンマリノ共和国特命全権大使 マンリオ カデロ 「日本人の素晴らしさ」 旧梨本宮家 当主 梨本 隆夫 「皇室の安寧について」

詳しく見る